HOME > 製品情報ページ

パラ・ドリル・エイド / パラ・ドリル・エイドU 使用方法












使用方法

@パラ・ドリル・エイドにガイドピンを取りつけます。(図1)
(ガイドピンは本体の左右どちらにも取り付けられます。手術中にガイドアームが邪魔にならない方に取り付けて下さい)
 パラ・ドリル・エイドUの場合、パラレルスリーブも取り付けてください。

A全ての植立位置をマーキングドリルでマークします。(図2)

Bφ2.0のツイストドリルで前歯部のもっとも打ちやすい場所の最適な角度に1本だけ穿孔します。(図3)
(これは残りの全穿孔方向のガイドになるので慎重に行ってください。ガイドホールの深さは6o以上とし、
 8o以上あれば理想的です)

Cパイロットホールの方向、深さをX線写真にて確認します。

Dドリル孔にガイドピンを挿入します。(図4)

Eパラ・ドリル・エイドを使用して残りの植立位置を穿孔します。(図5・図6)
(パラ・ドリル・エイドによる穿孔はガイドが目的なので、深さは5〜6oで十分です)

Fパラ・ドリル・エイドを外してから、それぞれの穿孔位置をφ2.0のツイストドリルにて必要な深さまで穿孔します。

G最終ドリルまで通法により拡大します。


※使用上の注意※
・すべてのドリリングは十分な注水下で行ってください。
・パラ・ドリル・エイドをご使用の場合ガイドアームが注水の妨げになりやすいので、サージカルヘッドからの
 注水の他に補助者による穿孔位置への直接注水が必須です。
・注水をより確実に行うために内部注水のツイストドリルのご使用をお奨め致します。






▲ページトップに戻る