HOME > 製品情報ページ

歯肉ゲージ 使用方法














使用方法

@通法に基づき麻酔を行った後、測定針の先端をスリーブで隠した状態でゲージを計測部位の歯肉に直角に当てます。

A歯肉を穿刺して測定針の先端が骨に接触するまで軽い力で押しこみます。

Bスリーブを動かさないように注意しながら静かに測定針を引き抜き、スリーブの後端部分に表示される歯肉の厚さを読み取ります。

※最初の目盛り線までの長さは2oです。目盛り線の巾は1oでピッチは2oですので、2o〜7oまで計測が可能です。





▲ページトップに戻る